2016/02/28

「11/3/11 FUKUSHIMA」フランスで震災画3作(複製)を展示【終了しました】

フランスでの展示が、現地の新聞紹介されました!
「ウエストフランス社」 2016年3月11日と3月10日

















河北新報社にて、フランスの展示について紹介していただきました!
名称: 11/3/11 FUKUSHIMA
会期: 2016年3月11日(金)〜13日(日)、3月26日(土)~28日(月)
会場: フランスの南ノルマンディー地方、モルターニュ・オ・ペルシュ(Mortagne-au-Perche)、Atelier Marc Vellay
            【住所 52, faubourg Saint Eloy 61400 Mortagne au Perche】
主催: アーチスト 11/3/11 (オーンズ・トロア・オーンズ)

東日本大震災からちょうど5年目にあたる、2016年3月11日に合わせて、フランスの南ノルマンディー地方の町、モルターニュ・オ・ペルシュ(Mortagne-au-Perche)にて、地元のアーチストたちが東北の被災地に捧げる催しを行います。

震災の起こった「3月11日」を象徴して、国籍のさまざまな(フランス、イギリス、ドイツ、チリ、日本)11人の画家、彫刻家、オブジェ作家、テキスタルデザイナー、詩人たちが、それぞれ震災にちなんだ作品を制作し3月11日〜13日、26日〜28日の二週末に、彫刻家マーク・ヴレイの広大なアトリエを会場として展示します。

展覧会および詩の朗読、そして、地元のコーラス隊による歌(「花は咲く」を日本語で歌うほか、数曲の、英語、フランス語の歌が歌われます)などが予定されています。

私も参加し、巨大震災画の複製三枚(各幅4メートル)を会場に展示します。

そして、生と死を見つめて制作を続けられた書家、故石井誠氏の作品も展示します。
フランスの新聞社「ウェスト・フランス」での記事です。
会場で打ち合わせをする参加アーティストたち



2016/02/15

「魔法の笛」にて舞台美術を担当しています【終了しました】

多賀城版オペラ「魔法の笛」
2016年3月30日(水) 多賀城市文化センター 大ホール

入場無料ですが、申し込みが必要です。
ぜひお越しください!

2016/02/09

「かたりつぎ」2016年3月6日(日)【終了しました】

「かたりつぎ〜朗読と音楽の夕べ」
私の作品を舞台絵画として行うのは今年で3年目です。
今年は「フクシマ」を展示します。
どうぞみなさまお越しください。
詳細は下記よりご覧下さい。

2015/07/15

「レクイエム・プロジェクト気仙沼2015」【終了しました。】

開催日時:2015年8月6日(木) 14:00〜
会場:気仙沼市民会館 大ホール
入場無料(整理券が必要)

「雪に包まれる被災地」を舞台に展示し、その前で気仙沼と仙台の複数の合唱団(気仙沼市の小中高生にも参加を呼びかけています)が一緒に鎮魂歌を歌い、想いを重ね合わせ、祈りを捧げるプロジェクトでした。


2015/03/24

「1000人のチェロコンサート」で展示します!【終了しました。】

「1000人のチェロコンサート」5月24日 仙台長町 ゼビオアリーナ
震災後に描いた3作をはじめて同時に展示しました。
1000人のチェロとの壮大なコラボレーションでした。
第5回1000人のチェロ・コンサート